mumumufugenの日記

貴方は何故生まれ、何のために生きるのか

何故宇宙があり何故宇宙が膨張しているのか

f:id:mumumufugen:20210426050605j:image

 

真空は自分が何故真空なのかという思考がある

 

宇宙には4つの力が働いている

 

それを法華経では菩薩に例えている

 

それは

重力 11次元 普賢菩薩

優れた修行を行うもの 上行菩薩大師

 

弱い相互作用 10次元 観音菩薩

無限の修行を行うもの 無辺行菩薩大師

 

電磁気力 9次元 妙音菩薩

清浄な修行を行うもの 浄行菩薩大師

 

強い相互作用 8次元 薬王菩薩

よく確立された修行を行うもの 安立行菩薩大師

 

物理学では、E=MC2

E=M Cの二乗

 

すなわち、エネルギー=質量✖️光の速度の二乗

 

であるということは、エネルギーがわかれば質量

 

すなわち物体があるという事がわかる

 

仏法でいう一即多、多即一

 

無限はすなわち無であるその間の中には一(イチ)があり無限であるという事、

 

物理学では真空の中は無ではなく、有が、現れては消えるという摩訶不思議な世界が実証されております

 

その中の強い相互作用

電磁気力

弱い相互作用の三つはわかっているのですが、

 

その三つと重力を加えた方程式が

 

分かりません。

 

それが分かればビックバンの起こし方が分かるのですが

 

それを大統一場理論と言いますがそれが分からない

 

ビックバンの起こし方がわからない

 

アインシュタインやホーキング達

 

学者にはできないのです。

 

法華経と縁が持たないためであり、

 

解脱という観念がなく

 

自分が真空の状態になれないためであり

 

帰依する心がない

 

命をかけても信じるということができないから

 

如来に授記を授けてもらえない

 

大統一場理論を解き明かしているのが

 

法華経であります

 

何もない真空はあなたで

 

なぜ私は何もない真空なのだろうと考えていますが

 

何もなければ、それを

 

知ること、見ること、理解すること、

 

対象物がなければ何もわからない

 

物理学でいう不確定性原理の事である

 

それを理解するためには

 

現在を支点にして

 

時間というものを作って

 

過去から今

 

今から未来という時間のあるところに行けば

 

過去を思い出すことができ

 

未来を考えることができる

 

そこで、無から有

 

そこで図に書いた全想像世界、仮に名をつけると宇宙世界という無を作って、

 

過去から未来に流れる三次元世界に

 

全想像世界を知り尽くした

 

如来という支点をつくりました

これも究極的には空でありますが思念する力で如来を作ったど考えて貰えば良いかと

 

その三次元社会にだけ五感を通して

 

自分は空だったのだということを知るために

 

あなたは必ず法華経を読める環境に生まれる

 

今日はここまででこの続きはお楽しみにして下さい。

 

ここまで書けばあとはわかるでしょうか?

 

考えてみてください

 

無六々弥勒菩薩